2018年4月26日木曜日

面桶(曲げ木の箱、1)

瀬戸内で育ったせいか、小さいころ曲げ木の箱を見たことがありませんでした。
弁当箱はアルマイト、おひつは桶づくりのものでした。
曲げわっぱの存在を知り、使うようになったのは、大人になってからでした。

曲げわっぱのお弁当箱と言えば、いまでは日用雑器というより、ちょっと高級なイメージがあります。
ところが、『文明開化がやって来た チョビ助とめぐる明治新聞挿絵』(林丈二著、柏書房、2016年)を見ると、曲げ木の箱は「面桶(めんつう)」と呼ばれていた雑器で、明治のころには、どんなに貧乏して、家財道具がほかには何もなくても、誰もが持っていたもののようでした。
「へぇぇ!」
曲げ木のことを、知っているようで知らなくて、びっくりでした。
この本は、明治の新聞挿絵を、「路上な目線」で林丈二さんが観察した本で、林さんの手にかかれば、すっかり世の中からは忘れ去られた事実が、あぶり出し絵のように浮き上がってくるのです。


明治16年10月7日の「絵入朝野新聞」掲載の挿絵です。
「絵入朝野新聞」は、文字どうり「絵入り」の新聞で、貧乏な家族を一回読み切りで紹介した実話物語が、毎日のように載っていました。

これは、元は深川六間堀で古着屋をやっていた、六右衛門さん(56歳)一家の話です。病気がちの六右衛門でしたが、女房のおこと(45歳)が目を病んで失明したため、幼い二人の子どもたちを、仕方なく奉公に出しました。
子どもたちの働きでなんとか暮らしていましたが、やがて夫婦二人で大病を患い、やっとよくなったと思ったら、明治14年の火事で焼け出されてしまいます。
子どもたちが給金を前借して、浅草の裏長屋の部屋を借りてくれ、なんとか暮らすことができましたが、六右衛門がまたもや病気再発して困窮するという、果てしない貧乏物語です。
壁が崩れ落ちた部屋へ、孝行な兄妹が駆けつけている絵ですが、わずかに残っている家財道具のなかに、炭入れとして使っている面桶があります。

余談ですが、当時のせんべい布団には、稲わら、反故紙、ぼろなどが入っていたそう、七輪も、割れたのを反故紙で繕ってあります。


さらに、面桶の参考資料として、二枚の絵が載っていました。
物乞いをしていても面桶が必要なので、大切に持ち歩いていたのです。


面桶を施しの受け皿として使うだけでなく、これで白湯(水)を飲んだり、食事もしていたのでしょうか?
二人とも、寝具にするための菰と面桶、あとは竹の杖と竹の尺八を持っているだけです。

曲げ木の産地は、青森(曲げ物)、秋田(曲げわっぱ)、静岡(めんぱ)、長野(めんぱ)、三重(尾鷲わっぱ)、福岡(博多曲げ物)などです。
産地の近くだけで売られたり、手づくりのものを使っていたのだとばかり思っていましたが、明治時代には、東京でも広く売られていたことがわかります。








2018年4月25日水曜日

新しいガラス


ガラスを扱うときに使う吸盤です。
大きなガラスを扱うときは左の吸盤も使いますが、小さいガラスなら、右の吸盤を二つ使います。


二階のゲストルームの南面に、ガラスを嵌めました。
新しいガラスは、塵一つついてないので、吸盤がなければ、はまっているかどうかわからないほどです。
事実、右も左もまだ嵌まっていない時の写真です。


南面の三枚は、嵌め殺し、東西の窓が開閉します。
「網戸はどうやってつけるの?」
窓は、片開きです。
「考えてあるよ」
どう考えても、どうつけるのかまだわかりませんが、私がつくるのだからそのうちわかることでしょう。






2018年4月24日火曜日

家づくりは楽し

日曜日、SくんとOくんの、自力建設中の家を見に行きました。


O家の進捗状況です。
基礎の上に、もうヒノキの土台が乗っていて、5月初旬には棟上げの運びとなりました。


東が入り口、北側には下屋も出ます。


材木置き場には、大工さんが刻んだ材木が、出番を待っています。


梁は、追掛け大栓継ぎでつないであります。


上棟を控えて、わくわくする季節ですが、農作業の一番忙しい季節とも重なっています。
棟上げして屋根まで作り終えたら、今の家に住みながら、ゆっくりつくっていくそうです。

Sくんちの写真は、撮るのを忘れていました。
棟上げの時の写真はあるのですが、コンピュータを別の(息子のお古)にして、写真の保管方法も変えたため、ちょっと出てきません。
家は、窓サッシの取りつけなど、だいぶ、進んでいました。





2018年4月23日月曜日

漢方塩

 

T.Sさんから、「漢方塩」をいただきました。
漢方塩と言っても、何が入っているのか、明記してないので、
「なんだろう?」
と、思いました。
食べてみると、何かこの味知っているぞ、とは思うのですが、何の味か思い当たりません。


小分けにするために、二階の展示室から蓋物を持ってきて入れてみました。
そのとき、我が家で一番小さな匙をつけてみましたが、それでも大きすぎたので、指でつまんで使いました。


そのあと、一緒に益子に行ったら、T.Sさんが小さな匙を買って、プレゼントしてくれました。

蓋物は、タイの染つけに金彩を施したもの、匙はチークですから、こちらもタイから来たものでしょうか?
それとも、最近は元々チークがなかったインドネシアなどでも育てていますから、インドネシアから来た匙かもしれません。

それにしても、漢方塩って、いったい何なのか?
おう、そうだと思って、ネットで調べてみました。
なになに、仁山竹塩(韓国の西岸でとれる塩)を、3年熟成させたのち、3年目の竹の中に入れて粘土で蓋をして、松の木を使って鉄窯で焼く。その作業を9回繰り返した塩だそうです。
松竹梅と土の成分が微量含まれているので、ミネラルが豊富なこと、1600度で焼いているので、緊急時には薬として使える塩のようです。
塩というより健康食品だったのです。


ちなみに我が家の塩は、この十年くらいは生協で買える「沖縄の塩シママース」です。
それ以前の十数年は、「赤穂の焼き塩」を使っていました。八郷に来てからも取り寄せていましたが、面倒になってシママースになりました。
右の岩塩はヒマラヤのピンク・ソルト、専用のミルが壊れて、普通のソルトミルに入れてみたのですが、固まってしまってうまく挽けず、ほぼ出番がなくなっているものです。





2018年4月22日日曜日

戸車


磁器製の蔵の戸の戸車です。
しばらく前にこれを、古道具屋の内町工場で見たとき、あかずきんさんのブログで見たことがあった形なので、戸車かなと思ったのですが、店主さんの話では、碍子など(がいし)など、電気の絶縁体と一緒に出てきたデッドストックだったとのこと、戸車だという確証が持てませんでした。
それで、帰ってからあかずきんさんのブログも含めてネットで調べてみたところ、戸車に間違いないと思って、連絡して取っておいてもらったものです。
全部で500円のものを、何か月も取っておいていただきました。

あかずきんさんは北九州に住んでいらっしゃいますが、玄界灘の浜を歩くと、しばしばこの磁器の戸車が浜に打ち上げられていて、拾われています。


戸車は大小あり、周りと、穴の中にも釉(うわぐすり)がかかっています。


長い棒にしてから切ったのか、この面は概してざらざらです。


雑に刷毛目がついたのもあれば、


何やら絵が描いてあるのもありました。

店主さんの話では、私から、
「蔵の戸の戸車に違いないからとっておいて」
と電話があってから数日後、奇しくも旧家の蔵の戸を引き取る機会があったそうです。そのとき、戸車に注目してみたら、これがはまっていた、厚い戸なので二列になってはまっていた、事前に聞いておいてよかったという話でした。
「で、蔵の戸は?」
「すぐ売っちゃいました」
あぁん、見たかったなぁ。

さて、蔵の戸車と分かっても、磁器製のものは金属の代用品だったのか、それとも、そんなことに関係なく磁器製のものもあったのか、そのあたりは全く分かりません。

ブログ「建築業を営むおっさんの思いつき日記」より

古い蔵の戸にはまっている写真を見つけました。
これは磁器製のもの、

同上

もう少し重い戸には、真鍮製のものが使われていたそうです。
そして、心棒が金属か否か、どうやって留めてあるのか、これを書かれた方にもわからないそうです。









2018年4月21日土曜日

糊ビン+


久しぶりの糊ビンです。
糊ビンにはわりとよく出逢うのだけれど、値段が高いのはごめんだし、蓋がないのも欲しくありません。


と言ってもこのビンは、エンボスはないし、気泡も入っていないし、飛び切り上等というわけにはいきません。
いつもの内町工場から来ました。


蓋にはエンボスがあるのですが、読みにくいのをやっとのことで読んでみたら、「HIGH CLASS Paste」ですって!
意味がないし、どこの糊ともわかりません。


でも、青みがかってなくて、ちょっと黄色っぽい、これまでにないビンです。
  

そういえば、養蚕のビンも増えていました。
緑がきれいな、「金川式活桒育器」です。
  

蓋がないのが残念、反対側には、「實用新案第33765號とあります。






2018年4月20日金曜日

わからんなぁ?


セルロイドの招き猫です。
前後の型の合わせ目に、盛大に「バリ」が出ています。


底にもバリが出ているので、まっすぐは立てません。


この猫は、なぜか型の継ぎ目に小さな穴がありません。

普通、招き猫のような立体セルロイドは、鋳型にセルロイドの板生地を二枚挿入して、加熱し、セルロイド板が柔らかくなったところで板と板の間に空気を吹き込んで膨らましてつくります。


そのため、必ず、小さな穴が残ってしまいます。


寝ている猫は身体の両側に穴が開いていて、立っている猫は一つは身体に、一つは耳の先に穴が開いています。

キューピーや人形のように、手足が別のパーツでできているものは、そのつなぎ目に穴を持ってくるので、穴は目立ちません。また、だるまのようなものは、底に穴を持ってきて、後で鉛を詰めて錘とすればいいのですが、招き猫のような場合、隠しようがなくて、つなぎ目に穴が残っているのです。


それにしても、膨らまして作ったのではない招き猫、いったいどうやってつくったのでしょう?

バリをわざと残したお面のようなものをつくって、それを二つ合わせて、招き猫の形に合わせたプレス機でプレスする、そんな方法があるのでしょうか?