2017年9月22日金曜日

いただいちゃいました


私が、キューピーマヨネーズのビンを好きなことを知っているY.Yさんから、ムーミンのビンをいただきました。
2006年に発売されたものです。


知りませんでしたが、キューピーマヨネーズでは、レイモン・ペイネ、ピーターラビット、パディントン、スヌーピーの仲間たち、キティちゃん、ムーミンなどなど、いろいろな絵柄のマヨネーズビンを次々と出していたようです。


線描きでよく見えないので、牛乳を入れてみました。 
登場人(?)物が盛りだくさん、色もきれいです。
 

でも、線描きよりべたっと塗った方が、マヨネーズを食べきって、透明になってからは楽しいということで、干支キューピーのイヤービンやペネロペのように変化していったのでしょう。




「これもどうかしら?」
と、袋からY.Yさんがこれを取り出したときは、Y.Yさんも鴨ナスを栽培していたのかと思ったので、つくりものとわかったときは、びっくりしました。
先日も、ほかの人からいただいた鴨ナスを、食べたばかりのところでした。


ケヤキでつくったナスで、ただの置物と思ったのに、入れ物になっていると知って、またまたびっくり。


へたをひねったら、くりんくりんと大きな音を立ててへたが取れ、そこにかわいい中蓋が嵌めてありました。
抹茶入れだったのでしょうか?


指がやっと少し入るほどの口から指を入れて、内側の肌を触ってみたら、とってもスムーズに削られていました。
特別なノミをつくって削ったものとですが、熟練の技です。
しかも開けるとき、くりんくりんと大きな音がするのも、わざと鳴るようにつくってあるに違いありません。


へたは、一部轆轤で挽いた後、手で彫ってつくってあります。

ケヤキはとても硬い木です。
そのため、できたものは丈夫ですが、つくるのは大変だったに違いありません。


Y.Yさんのお話では、大洗の旅館で使われていたものだったとか、いつ頃のことなのでしょうか。


Y.Yさん、ありがとう。




2017年9月21日木曜日

扉のレバーハンドル


うち鍵のついた、お手洗い用のレバーハンドル錠を、やっと手に入れました。
有楽町のお店まで買いに行ったのに、高すぎて買わなかった、目当てのレバーハンドルに比べると、包装は月並み(左)ですが、値段は半分以下、仕様はとてもシンプル、簡単につけられそうなものです。


中身はこれだけ、


特に簡単なのが、ラッチの取りつけ方です。
22ミリのドリル一本でこと足ります。


それに比べると、無印良品のラッチは箱型になっていたので、ドリルでいくつか穴を開けたあと、ノミで、箱型に加工しなくてはなりませんでした。


取りつけ方説明書も、パッケージの裏表に書いてあるだけという簡単さです。
実寸大の取りつけゲージがついているので、それを切り抜いてあてて、穴の深さを測ったりしながら作業できるようになっています。


それにしても、こういうものって、よくできています。
ハンドルの角芯から伸びている細い棒(連結板)一本で鍵を開けたり閉めたりできるのですから。







2017年9月20日水曜日

地面活用自由自在

デジタルカメラ以前の、紙焼きの写真の保存状況は、めちゃくちゃです。
かつて、家族写真が主で、撮った写真を一枚一枚アルバムに整理していたころの写真は、色あせても残っていますが、仕事で写真を撮るようになってから、整理の「せ」の字もできていません。

日本より、安くて早くてきれいで大きく焼いてくれるからと、タイやカンボジアでカラー写真を現像に出すようになったのは、いつごろからだったでしょうか?
写真屋さんが、ご親切にすべてをポケットアルバムに入れてくれるのですが、そのポケットアルバムのままで、箱に突っ込んであります。しかも、中の写真をその時の必要に応じて抜き取ったり、あちこちに動かしたりしていて、何度見ても、これ以上整理のしようがありません。

数日前に夫が、
「熱帯林の中を歩いている写真なんか、あるかなぁ?」
と、訊きました。
出てくるとは思えませんが、一応、箱一つ分見てみました。探している写真は、案の定出てきませんでしたが、懐かしい写真たちがいろいろあり、ついつい見入ってしまいました。

そんな、古い写真の中から、バングラデシュの、地面を面白く使っているものをまとめてみました。
雨季には雨の量が半端ではなく、ときには大洪水もおこるバングラデシュですが、アフリカの乾燥したサバンナ地域の地面活用に匹敵する面白さです。


まずは、木に水遣りをしやすく工夫した写真から。
木の根元に、土を練って盛り上げておけば、少ない量で、木に十分な水遣りができます。
もちろん、セメントなど使っていません。土だけです。


バングラデシュの農家では、屋根のない庭を、日本の三和土(たたき)のように、つるつるに保っています。
かつて、庭にむしろを広げて穀物の天日干しなどした日本でも、同じような庭が各戸にありましたが、今では失われてしまいました。


この穴は何に見えますか?
いろいろな家に掘ってあるこの穴は、三つの突起がある方に鍋を乗せ、もう一つの穴に薪を入れる、そう、つくりつけの竈(かまど)です。


お鍋を置いて、実際に使っている、別の家の竈です。


河口デルタの国バングラデシュでは、薪は十分ではなく、ジュートの芯などを燃料にしているので、焚き口はこのくらいの大きさでも、事足りるのです。


この、村の種子銀行の庭につくった穴は、どうやって使うのでしょう?
穴の中にあったお米はすべて取り出されました。


そして、少しずつ箕に入れて、箕をあおって、もみ殻を取り除いていますが、穴はまた、米で満たされています。


この穴は、精米をするため、籾のついた米を入れる穴でした。
唐臼(からうす)が備えつけてあり、女性二人で踏んでいて、足を踏板から外すと、杵があの穴の中に落ちてくるようにつくられています。


別の家では、庭に掘った穴にすっぽりと鉢を入れて使っていました。
手を洗ったりした水も粗末にせず、植物にやったりするためにためているのでしょう。


秀逸なのは、この鶏小屋です。
塀を利用して、中にスペースをつくっています。
夜はわきに立てかけてある板で穴をふさぎ、そこに左に置いてある重石をしておきます。


遠く離れているというのに、ガーナ北部の、壁の一部を膨らませてつくった鶏小屋とそっくりなのが、面白いところです。
この、ガーナ北部の家は、あちこちに工夫のある素敵な家でしたが、とくに夫は、川魚の干し台と干し方に感動していました。心に余裕がないと、こんなに楽しい干し方はできないというのです。







2017年9月19日火曜日

ピクさん


ピクさんがいらっしゃいました。
いつもこの時期、奥会津でテント生活をしながらの音楽の集まりがあり、姫路から参加していたピクさんがその帰りに寄ってくれたのです。
今年もインドネシアにいらしたことなど、話が弾みました。

昨日は、この辺りは台風の置き土産の暖かい空気で、日中は30度を超えましたが、奥会津は、夜は7度まで下がったそうです。
奥会津と聞いてはいたけれど、どこかなと思っていたら、なんとからむしの郷の昭和村だったそうです。
何かとご縁がある(と、勝手に思い込んでいる)昭和村に、いつか行ってみたいものです。


ピクさんは、最近新しくつくった歌や、忌野清志郎の歌など披露してくれました。
いい声!
ピクさんのギターは小さめですが、どこにでも持っていくためのもの、インドネシアでも、以前いらしたラオスやビルマでも、ギターを持って歩いていると、
「なになに、それ楽器でしょう?聴かせてよ」
となって、すぐ仲良くなれるそうです。
ピクさんは、もう退官なさっているので、いいお年だと思われますが、白髪をモヒカン刈りになさっていました。







2017年9月18日月曜日

ガラジのピクニックバザール


台風の接近で、あいにくのお天気でしたが昨日、笠間にあるガラジのピクニックバザールに行ってきました。


その昔は豚小屋だったガラジは、年々手を入れられて、いまや窓やドアもすっかり完備、素敵な空間をつくり出しています。


kuskusさんのバーで一休みした後、Mさんのキーマカレーをいただきました。
ニンジンのサラダだけでなく、おいしいジュースもついていました。


カレーを食べるとき座るベンチ、Oさんのイラストが素敵です。


ワークショップも開かれていました。
みなさん一生懸命何をつくっているのでしょう?
今年は、漆喰で絵を描く左官のMさんのワークショップと、陶芸のKさんのいっちんのワークショップがあるはずですが、筒を持って何か描いているのが見えるので、いっちんでした。


Mさんのカレーショップのあたりに、何故か、スウェーデンの絵を描いたシナップス(強い蒸留酒)入れのビンや、アルミのトルコのお皿などが並んでいました。


そのお店で、トルコのアルミのボウルを二つ買いました。


機械で成形したボウルですが、模様は手で打ち出してあります。

つくり方は、こんな感じでしょうか?
まず、このボウルより一回り大きな容器に、熱して柔らかくした脂(やに、日本だったら松脂) を入れ、それにアルミのボウルを押し込みます。脂が固まるとボウルの周りを包み込んだ状態になって安定するので、鏨(たがね)を使って模様を打ち出します。
出来上がったら、また脂を温めて、脂台(やにだい)から外します。
 

タイでも工場製品のアルミの鉢やカップに、手仕事で打ち出し模様をつけたりしますが、トルコとは反対に、外側に模様をつくります。
そのため、あらかじめ脂を満たしたボウルを逆さにして、脂台に固定して、打ち出します。


トルコでは、昔々は、一枚の金属板から、ボウルの形までも打ち出してつくったものでしょう。それを現代では、下地は工場製品で間に合わせ、それに手仕事を加えて、誰でも買える安価なものをつくり出しているのだと思われます。
基本的にはシンプルなものが好きですが、手仕事の模様は、ないよりある方が嬉しくなります。 
ボウルは料理の下ごしらえをするとき、おろしたしょうがや刻んだネギなを入れるのに使おうと思います。

夫は、どなたかに差し上げるのか、kuskusさんのつくった山羊さんを買っていました。


ピクニックバザールは、昨日と今日の二日間開かれています。
今日はいいお天気になりそうです。






2017年9月17日日曜日

究極の?


よく通る道に、いつも植木の手入れが行き届いている家があります。
手入れが行き届いている家はほかにもいっぱいあるのですが、そんな家だって、季節によっては新芽がちょこっと伸びて、生け垣の形が崩れたりしています。
ところがこの家は、
「剪定の極限とはどんなものか」
を、実験しているような切り方をしているのです。


丸く刈り込んだ木は、枝が見え見えです。


こんな姿にしたいけれど、ちょっと大きくなり過ぎたので、思い切って切ったのかもしれません。
確かに、ある程度大きくなった庭木は、形を整えるのは簡単でも、いつまでも同じ大きさを保つのは、難しいものです。
それにしても、この家の植木は、いつ見ても骨が目立っている感じが、ないでもありません。


この丸く剪定した木も、以前はもう少しこんもりしていましたが、あるとき中を空かせて、風通りをよくしたのか、向こうが透けて見えるようになりました。
その向こうの木は、切られ過ぎてちょっと元気がなくなっているようにも見えますが、どうなのでしょう?


極めつけはこのモチノキの生け垣です。
モチノキは、常緑で形が取りやすく丈夫、このあたりの生け垣の代表的な樹種ですが、薄く刈り込んだ家でも、せいぜい厚み30センチくらい、普通厚みは6、70センチあります。
ところがどうでしょう、これは15センチあるかないかです。


横から見たらこんな感じ、手前に見えるモチノキの垣根も、やはり厚さ15センチくらいです。

通るたびに、
「よくやるなぁ!」
と必ず見てしまいます。

ところで、手入れしている人物はどんな方でしょう?
植木がとてもお好きなのか、あるいは植木をいじめるのがお好きなのか、密かに垣間見て、それを推理したいと思っているのですが、こう頻繁に手が入っているというのに、一度も手入れしているお姿を、お見かけしたたことがありません。