2018年1月18日木曜日

ヨーロッパを席巻した(?)木の箱


雑に仕上げて、荒く塗装した木の箱です。
これを仕入れた、目利きのKさんは、
「オランダのものだと言われて仕入れたのだけれど、木や塗装の感じから、インドのものではないかと思う」
とおっしゃっています。
蓋を開けるときに触る部分の塗装がもっとも剥げているので、それなりに使い込まれたものなのでしょう。


ストッパーにもなっている蓋を引いて、


ねじると、内側で二段になっている下の部分が現れます。
ペンケース(筆箱)と思われます。


これは、ネットで見つけたベルギーのペンケースですが、雑貨屋をやっていた友人のSさんがこれとうり二つのペンケースを持っていました。
Sさんは、これと同じものをフランスの蚤の市で買ったとか、彼女はフランスのものと信じていましたが、堅木や真鍮板の象嵌(接着?)の細工から、これもインド製にも見えます。

Sさんがこれをフランスのものと信じる理由は、1980年代までフランスの文房具屋には、粗末な感じの木で雑につくられた、これと同じ形をしたペンケースが、どこでも見受けられたからです。
子どもたちが小学校に入学するとき、学校に持って行くために、誰もが買ってもらうのがこの形のペンケースでした。鞄の中で乱暴にゆすられても、まず蓋が開くことがないので、安心だったのでしょう。
ところがSさんが今、文房具屋さんにこの形のペンケースを売っているかと訊くと、
「あぁ、あれ?とっくに消えてしまったよ」
と、笑われるそうです。
 

この写真で見るように、上段に長い鉛筆やペンを入れると、箱をずらすことができません。短いものしか入れないか、下の段に入れたものを取りたいときは、上の段に入れたものをいちいち取り出すか、そう考えると、使うのも結構面倒です。
これとそっくりの、Sさんのペンケースは、下段には鉛筆が入らないくらい薄くできています。
「ほら、昔は羽の軸にインクをつけて字を書いたでしょう。羽を入れたんじゃないかしら」
と、Sさん。羽ペンはいつごろまで使われていたのでしょう?


これもネットで見つけた写真、ハンガリーの骨董市で見つけたペンケースだそうです。
ベルギーで見つけた人も、ハンガリーで見つけた人も、その国のペンケースと思っているようですから、フランスだけでなく、ベルギー、ハンガリー、オランダなどで、この形のペンケースが広く使われていたのかもしれません。


これもネットで見つけた写真、イギリスの小学校で使われていたペンケースで、骨董市で見つけたときにはこのように、中身も入っていたそうです。


写真だけからの判断ですが、底板はかなり薄いのに、どれも合板は使われていないようです。ということは、合板が安価で手軽な材料として使われるようになる以前につくられたものか、あるいは合板が手に入りにくかった地域、例えばアジアの農村地域などででつくられたものかもしれません。
このペンケースが出回っていたのは、いったいいつごろだったのでしょう?


この形の木のペンケースが、ヨーロッパの巷にありふれていた時代があったようです。そして、いつの間にか消えてしまいました。
そう言えば、今は世界では、子どもたちはどんなペンケースを使っているのでしょう?もしかしたら、ペンケースなど必要のない時代になっているのかもしれません。






2018年1月17日水曜日

北海道からニャンコ先生が...


北海道ののらさんから、『のらつうしん』が届きました。
鳥のこと、動物のこと、植物のこと、わくわくする記事満載の手書きのつうしんですが、ニャンコ先生のヘアゴムが同封されていました。
お正月に本屋さんでもらったものだそうです。


開けてみたら、あらかわいい!ゴムの色がニャンコ先生の色じゃないですか。
不定形なので(フィギュアではないので)どうやって飾るか、よく考えてみなくてはなりません。


不定形と言えば、持っているニャンコ先生のメモノートも不定形です。
これは、フィギュアを買ったとき、ついてきたものです。


シール付きです。


ガラスの駄菓子入れの箱にでも飾ればいいのですが、そのガラスケースを置くところがないのが問題です。





2018年1月16日火曜日

写真で知る幕末、明治


先日「絵葉書で楽しむ」を書いたとき、昭ちゃんが 幕末の大工さんの写真を送ってくれました。その大工さんの載っている本は、『写された幕末-石黒敬七コレクション』(石黒敬七著、明石書店、1990年)で、1957年に出版された同名の本の再版です。
この手の本には弱い私は、早速注文して古本を手に入れました。


このところ、半地下室に段ボール箱に入れたまま放って置いた本を整理している明け暮れですが、『写された幕末』が届いて間もなく、段ボール箱の中から『幕末明治のおもしろ写真』(石黒敬章著、平凡社、1998年)が出てきました。石黒敬七の息子の敬章が、父のコレクションを整理したものです。
『写された幕末』は1957年出版の復刻版、『幕末明治のおもしろ写真』は1998年出版ということで、この間、印刷技術は格段の飛躍とカラー印刷の低価格化をとげており、『写された幕末』ではモノクロの写真も、『幕末明治のおもしろ写真』ではカラーで載っていたりします。


この写真もそう、『写された幕末』ではモノクロで、キャプションには東海道戸塚の街道で、大きなケヤキは一里塚とありますが、『幕末明治のおもしろ写真』ではカラーで、名刺判手彩色とあり、リチャードソンが殺された生麦事件の現場と書かれています。

石黒敬七は、柔道家として大正期からフランスにたびたび行っています。そしてパリの蚤の市で日本の写真を見て、夢中で集めるようになりました。
当時の写真は外国人が日本に来て写したものがおもでしたが、日本では幕末期の写真は、まったく顧みられていませんでした。というのも、幕末史が、皇国史観のもとで政治史の追及に追われて、一般の人々の生活には全く関心を寄せないうえ、歴史資料としての写真の価値も認識されていなかったからでした。
戦後、石黒敬七氏の写真集が刊行されて、初めて、古い写真の資料的価値が認識されたのでした。

鋳掛屋

『写された幕末』には、たくさんの貴重な写真が収録されています。
市井の暮らしの写真も多いのですが、中には、刑場で斬られた首がいくつもさらされている写真などもあります。

『幕末明治のおもしろ写真』の中で、石黒敬章は、江戸時代の日本の姿を知るには、写真家フェリックス・ベアトの功績が大きかったことを書いています。ベアトは、横浜に十数年居を構え、大きな写真機を持って日本国中写してまわって、たくさんの写真を残しました。


私が面白いと思ったのは、女性の着物の着方です。
着物の胸での打ち合わせがとても浅くて、長襦袢の襟を大きく見せるように着ていて、今とは全然違うのです。(幼い子は、着物の打ち合わせが反対になっていますが、これはただ写真が逆さまになっているだけだと思われます)


当時は、写真に撮られることを嫌がる人も多かったのか、女性の写真と言えば、芸者、花魁などの写真が多めですが、それでも町娘、お内儀などの写真もいろいろあります。
そしてみんな、浅く打ち合せた着方をしています。


写真から知ることは、たくさんありました。
例えば越後獅子、言葉は知っていましたが、どうして子どもの獅子舞いなら越後かと、考えて見たこともありませんでした。
この本によると、人口調節のため「間引き」が一般的だった時代、越後では宗教上の理由で堕胎や子殺しは許されなかった、そのため、子どもは売られたのですが、そんな子どもを買って芸を仕込んだのが、越後獅子(角兵衛獅子、もともと越後の伝統芸能)だったのだそうです。


それにしても、明治21年にワシントンで撮られたという陸奥宗光の亮子夫人は美しい。新橋の芸者さんだったそうですが。




2018年1月15日月曜日

塩素がないからね

先日、井戸水が突然出なくなりました。
「あれっ、水道管が破裂したかな?」
その日は冷えた夜だったので、夫は焦りました。ちょっと前から、パイプを覆ってた断熱材がはがれた部分があって、直さなくちゃと思っていたのだそうです。
でも、次の朝確かめると、それが原因ではありませんでした。井戸水は約30メートル地下からポンプで汲み上げているのですが、そのポンプが動かなくなっていたのです。
ポンプは、井戸屋さんが設置してくれたものですが、夫がつないでいた水道管を外してみました。
「ひゃぁ、これじゃ無理だ!」


井戸水にはミネラルがいろいろ含まれているので、それが金属と反応して、機械の中がぼろぼろに錆びていたのです。
夫が自分で直せると言って、井戸屋さんに修理を頼まないで、ネットでポンプを買いました。


新しいポンプの同じ部分は、当たり前ですがこんなにきれいです。


井戸は、15年以上前に掘ってもらったのですが、その当時は井戸の周りには何もありませんでした。
ポンプはただ、原っぱにコンクリートブロックを置いて、その上に乗せただけでしたが、今回は、土台をコンクリートできちんと打ち直しました。


直せる人が家にいて、助かりました。


右の方にぶら下がって見えるのはフィルターです。細かい泥などをそこでストップしてくれます。

我が家では、井戸の水が少ないので水道も引いています。井戸水がミネラルのせいで金属をこんなに傷めるとしても、金魚、メダカだけでなく、飲み水としてやっぱり、生活に欠かせません。 





2018年1月14日日曜日

レース

私たち夫婦は、どちらかと言えばよくしゃべる方ですが、昨日遊びに行った赤城山のK夫妻のおしゃべりにはかないません。
5時間余り、部屋に言葉(おもにK夫妻の)が飛び交っていて、気がついてみたら、写真はほとんどありませんでした。


Kさんは、学生時代から、
「ヤギの乳を搾る時間だからおれ帰る」
とつき合いもそこそこに帰って行ったような人だったとか、今も山羊と縁の深い生活を送っています。
山羊の彫刻を日々つくり、山羊の乳を搾り、チーズをつくっています。


ブロンズの山羊、雌型の石膏の山羊、木彫りの山羊、


今制作中の粘土の山羊などなど、アトリエには山羊があふれていました。


夫人のSさんはパリで暮らしたこともある方、夫たちが「美とは何か」とか、「言葉とは何か」などと言う話をしているのを横目に、私たちはパリの手芸屋さんの話、アンティーク・レースの話など、もっぱら女子会話を楽しみました。

Sさんと話していて、数世紀前まで木綿が一般的でなかった日本同様、フランスでも、庶民の布は大麻、カラムシ、亜麻など総称して「麻」と呼ばれた素材が最も一般的だったということが、改めて腑に落ちました。
ヨーロッパは麻と毛とは知って(もちろん古くは毛皮)いましたが、確かにアジアを植民地にする以前は、木綿は手に入らなかったし、木綿の栽培も難しかったので麻中心は当然でした。

写真がないのが残念ですが、Sさんが飾っている十九世紀のボビンレースを見せていただきました。すごい!
ボビンを何百本使ったのでしょう、糸は細く、レースの目は細かく、肉眼ではただの布に見える部分もあるほどの、見事なレースでした。
ヨーロッパは日本より編み物が盛んですが、古くは一本の「ニードル(針)」を使って編む手法だったそうです。漁網と同じ編み方です。
その後に、ボビンやかぎ針、棒針などの道具がつくられて、編みものの幅も広がったのです。

 
そういえば、イギリスのエリザベス一世は、レースの襞襟がお好きでした。


元祖、エリザベスカラーです。

さて、Kさんは、この冬、罠にかかったイノシシをすでに三頭も解体したとか、その肉をおすそ分けでいただいてきました。
Kさんが先日、山羊チーズを収めている東京のフランス料理店にイノシシ肉を差し上げたら、そのおいしさより、Kさんのさばき方の美しさに感動されたとか、部位ごとに、それはそれはきれいに解体されています。


Kさんの白カビの山羊のチーズです。
もともと山羊乳100%のチーズは、日本ではほとんど売られていない、山羊のチーズと言われてい売られているものも、牛乳混入のものが多いのですが、Kさんのチーズは山羊乳100%、そして、日本一と言われています。




 
 

2018年1月13日土曜日

取っておく?


昨日は、『広辞苑』の改訂版が、十年ぶりに売り出されて、話題になっていました。約一万語増えたのに、紙を薄くしたので、本の厚さは変わらないのだとか。

本棚をつくったので、半地下室に段ボール箱に入れて積んであった本の整理をしていますが、捨てるかどうか迷うのが辞書類です。
辞書という辞書を、もう十年以上も開いたことはありませんが、その昔は大いにお世話になったものでした。しかも、家族のみんながそれぞれに持っていたので、数もたくさんあります。思い出深い辞書もあります。

場所を取る『広辞苑』も、段ボール箱の中で何年も過ごしました。箱やカバーはかびていたので捨てましたが、本体は健在です。まあ捨てられない、開くあてもないのですが、本棚に収めました。


それでも、人名辞典など、絶対に要らないと思えるものは処分しましたが、あまり必要でないとわかっていても捨てがたいものもあります。 


オックスフォード・ドゥーデンの絵で引く英語辞書は、息子のために買ってやったものです。あまり使いませんでしたが、どのページも絵が美しい。改めて見直そうと、持ってきてみました。


哀れなのが、毎年発売されていた(今でも、されている?)『理科年表』です。
様々なデータを調べるために、本当に役に立つものでした。でも今は、ネットでもっと詳しく、もっと広範囲なデータが調べられます(でしょうか?最近は調べることもないので、本当のところはわかりませんが)。


この、文庫本の形を取っている国語辞書も、発売された時は画期的でした。物語を読むように読めよとつくられたものです。
毎日電車通勤などしていたら、きっと楽しく読めたことと思いますが、あいにく、開く時間を見つけられません。






2018年1月12日金曜日

竹筒(三)


これも、インドネシアの石灰入れです。
 

直径3センチほどですから、肉眼ではよく見えませんが、拡大してみると、小さな焼き鏝(こて)のようなもので模様をつけてあります。
この丸の直径は約1ミリです。細かい、細かい。


蓋を被せるところは、薄く削ってあります。
インドネシアの石灰入れは、東南アジア大陸部の石灰入れに比べるとずいぶん深さがあります。石灰は練った形ではなく、粉のままで入れられていたのでしょうか?

石灰を口に含むことに、なんとなく抵抗感がありますが、その昔、石灰は牡蠣など貝の殻などでつくられたものだったので、カルシウムを摂る感覚で、抵抗がなかったのかもしれません。


筒の上下には木を嵌めて、漆のような樹液を塗って固めてあります。


この三つは、インドネシア、フィリピンと国は違いますが、「マレーの竹細工」です。
この細工をした人たち「マレー」は、台湾からマダガスカルまで広く分布する、海洋民族の人々です。
どれも、職人さんがつくったというより、村の器用な人がつくったものか、あるいは自作のものと考えられます。
ありふれた竹を使っていますが、世界でただ一つのものにつくり上げています。


竹細工の石灰入れは、東南アジア大陸の鋳物や打ち出しの金属の石灰入れとは趣が異なりますが、素敵です。

石灰、檳榔樹の実、プルーの葉の組み合わせで噛んでいると、どうして口の中が真っ赤になるのか、それにしても不思議です。


おまけは、タイの切手に見る、キンマーの道具です。
これはベンチャロン(五彩)のキンマー道具、王家で使用していたものかもしれません。蓋のある容器の、どれに石灰を入れたのでしょうか?


銀細工のキンマー道具の中の石灰入れは、奥の背の高い蓋物です。
ほかの蓋物には、刻み煙草などが入っていたと思われます。
ベンチャロンも銀細工も、どちらも手の込んだ細工ですが、私はやっぱり、もっと素朴なものに惹かれてしまいます。